羽田空港X‘mas 動画公開中

USB3.0接続キャプチャーボード I-O DETAの「GV-USB3/HD」レビュー

今回は、I-O DETAのWindows向けUSB3.0接続キャプチャーボード 「GV-USB3/HD」をレビューします。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

GV-USB3/HD

今回購入したのはI-O DETA社のGV-USB3/HDです。なんと偶然なことに、I-O DATAの本社は石川県金沢市にあるそうです。つい何週間か前に訪れたばかりの地の名がいきなり現れたので、意表を突かれました。キャプチャーボードと言って、ゲームプレイ映像やスマートフォンの画面をPC上にミラーリングし、録画することができる機材です。

 

もちろん録画だけではありません。PC上にミラーリングした映像は、キャプチャーボードに対応している配信ソフトを使えば生放送も可能です。簡単に言えば、PC上に取り込むための機材です。

 

小松駅前こまつの杜の930E&日本三大庭園のひとつ金沢の兼六園を訪問

 

 

付属品

キャプチャーボード本体と縦置きスタンド、USB3.0ケーブル、HDMIケーブル、取扱説明書・CD-ROMが付属していました。

 

PCとはUSB3.0接続

パソコン側は青色が目印の『USB3.0』と接続します。今のところ高い普及率を誇っている『USB2.0』に接続してもミラーリングできません。

 

PC上にミラーリングと言っても、ただ接続しただけでは何も表示されません。付属のキャプチャーソフトか、配信ソフトを使用することで、PC上でも映像が確認できるようになり、録画や生配信が可能となります。

 

注意
「USB3.0が出始めた頃に”USB3.0もどき”つきのパソコンを販売していたメーカーがあった」という噂を聞いたことがあります。必ずしも『青色=USB3.0』ではありませんのでご注意ください。

 

遅延なしのパススルー接続が可能

INにゲーム機からの、OUTにテレビへのHDMIケーブルをつなぎます。これで、PCへのミラーリングとともに、遅延なしの映像をテレビ等に出力できます。

 

PCへのミラーリング映像を見ながらでもゲームプレイは可能ですが、若干の遅延があるのでFPSゲーム等のコンマ一秒が大切なゲームには向きません。ゲーム画面を遅延なしでテレビやモニターに出力するため機能として、この「パススルー機能」があります。

 

横置きだけでなく縦置きも

横置きもできますが、付属しているスタンドを使えば縦置きも可能です。

 

競合製品について

競合製品のAVerMedia社のキャプチャーボードのほうが人気でユーザーも多いようでしたが、AVerMedia社のキャプチャーボードとパソコンのグラフィックボードの相性が悪いというレビューがあったので、今回はこちらを選んでみました。

 

キャプチャーボードは右から左へと映像データを運んでいるだけのはずなのに相性問題が起こるのは謎ですが、発売から3年も経っているので、その間に大きな変更があったということなのでしょう。

 

 

早速、録画してみた

 

せっかくなので下手くそですが、プレイ動画を録画してみました。

 

YouTube上で確認できるようになるまではしばらく時間がかかるかもしれませんが、1980pの60FPSで撮影しています。録画に使用したソフトはOBSという無料の配信ソフトです。

 

コメントを残す