安価で気兼ねなく撮影できる!EKENのアクションカメラ「W9s」レビュー

6000円で購入できる安価でそこそこの性能なアクションカメラ、EKENの「W9s」をレビューします。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

EKEN W9s

以前、EKEN様より「EKEN V8s」をご提供いただいた縁で、再びアクションカメラをレビューさせていただくことになりました。今回レビューするのは、エントリーモデルとして発売された「EKEN W9s」です。エントリーモデルということで性能は抑えめになっていますが、この記事を公開した時点での販売価格は5999円と大変安くなっています。同じような性能の他社製品と比べてもコストパフォーマンスが高いといるでしょう。

 

 

4K撮影はあくまでおまけ

仕様を確認すると4Kにも対応しているようです。しかしながら、4K10fps(1秒間に10フレーム)ですので残念ながら実用的ではありません。4Kモードで撮影するとパラパラ漫画のようなコマ撮り映像になってしまいます。

 

fpsは1秒あたりのフレーム数です。数値が大きくなればなるほどなめらかな映像が撮影できます。例えばアニメでは24fpsが多く、通常の映像は30fpsが主流です。現在ではゲームを中心に60fpsも増えてきました。

 

防水ハウジング

防水ハウジングに収められた状態で販売されています。この防水ハウジングは水深30mまで対応しているそうなので、海でも川でもプールでも、雨の日でも気軽に使うことができます。万が一に水没してしまうかもしれませんが、この価格なら壊れるリスクよりも素晴らしい映像を撮影できる可能性に期待できるのではないでしょうか。

 

付属のアクセサリー

EKENのアクションカメラの良い点は、沢山のアクセサリーが付属することです。バッテリーは2個、ヘルメット等に貼れるマウントもあります。左端にある三脚は閉じた状態では撮影用のハンドルになります。これだけ付属品が揃っていれば、メモリーカードを挿入してすぐに撮影に行くことができます。

 

180度回転できる!

V8sでは無かった画面の180度回転モードが実装されていました。これで上下逆さまに設置しても編集で回転させることなく天地が維持されるのは便利です。

 

安さゆえのアタリハズレ

今回のレビュー品はハズレだったようです。設定ボタンの『▲マーク』が引っ込んだままになっていました。『▼マーク』は正常なクリック感がありますが、『▲マーク』はクリック感がありませんでした。

 

もちろん、本体の操作には一切影響がないので大したことではありません。ただ、この数ヶ月でアクションカメラは苛烈な価格競争が起きているので、そのしわ寄せなのかなと感じました。

 

ちょっと怪しい日本語翻訳

初期設定では操作音がONになっています。

そこで目にするのは・・・『オン』と『なし』!?!?

 

「そこは無理に翻訳しなくてよかったのでは。」というようにちょっと怪しい翻訳もありますが、以前レビューしたV8sでは意味不明な翻訳が紛れていたことを考えると普通に使えます。

 

V8sとW9sの比較

左がW9sで右がV8sです。現在ではフラッグシップモデルのV8sの販売は終了してしまいましたが、4K25fpsに対応していながら薄型であり、金属も使用されていたことで高級感がありました。それに対して、W9sは性能も高くなく全面プラスチックということでチープ感は否めません。W9sはV8sと比べると価格が約半分なので仕方がないのかなと思いました。

 

ちなみに、撮影補助アプリはV8sと同じでした。詳しくはそちらをご覧ください。

1万円台で4K撮影できるEKENのアクションカメラ「V8s」レビュー

 

この安さなら普通のカメラでチャレンジするのが怖いレベルの撮影を敢行することができます。これはたいへん大きなメリットです!!

 

1080p30fpsで撮影してみた

 

比較用の動画は以下のページをご覧ください。

Xiaomiのアクションカメラ「Xiaomi Yi」レビュー

1万円台で4K撮影できるEKENのアクションカメラ「V8s」レビュー

優待クーポン

さて、今回もEKEN Store様より優待クーポンをご提供いただいております。下記のクーポンコードを適用することで600円が割り引かれ、5399円で購入することができます。

 

クーポンコード:XWKY9DZT

※EKEN Storeが販売し、Amazon.co.jpが発送する商品が対象です。

※有効期限:2018年9月15日

 

コメントを残す