当サイトのPVができました!【動画公開中】

批判意見と誹謗中傷は違う?

批判と誹謗中傷はどう違うのか辞書で調べてみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

批判意見と誹謗中傷は違う?

最近は「POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~」になっているように感じます。もしかすると私の観測範囲内だけの事かもしれませんが、ちょっとした批判でも誹謗中傷だと、批判することを批判して、「問題のすり替え」を行っているのではと思わざるを得ないような事柄があります。

 

批判することは悪いことではありません。批判されたほうは気分の良いものではないかもしれませんが、正当な批判ならそこに十分な価値があります。「火のない所に煙は立たぬ」というわけです。

 

しかし、誹謗中傷は悪いことです。根も葉もない噂をもとにしたり、うっぷんを晴らす目的で風説の流布を行うなど、気に入らないからという理由で「相手の品位を下げるような行為」は不毛な争いを生むだけです。

 

ただ、批判も誹謗中傷も「された方は少なからず反発したくなる」という点では同じだと思います。せっかくの機会なので何が違うか考えてみたいと思います。

 

辞書によると

まずはそれぞれの言葉の意味を辞書で調べてみました。実際に言葉がどのように使われているかとは別に国語辞典をみれば本来の言葉として比較的正確に記載されているはずです。

 

批判意見

ベネッセ表現読解国語辞典(2006年・第11刷)

批判

物事をよしあしを深く考え、その価値を評価・判定すること。特に、否定的な評価をすること。

 

ついでに、類語として掲載されていた、意味の似ている「批評」も載せておきます。

批評

物事のよしあしについて、考えを述べること。また、その考え。

 

三省堂国語辞典(昭和47年・第102刷)

批判

(わるいところを)根本的に批評すること。

 

こちらも批評を載せておきます。

批評

(わるいとところなどを)取り上げていうこと。

 

批判は「悪いことを悪いと評価すること」で、批評が「ある物事の良し悪しを取り上げて考えを述べること」ということのようです。厳密には違う言葉ですが、この記事としては批判と批評は同義語として扱います。

 

誹謗中傷

ベネッセ表現読解国語辞典(2006年・第11刷)

誹謗

人の悪口を言うこと。

 

中傷

わざと根拠のない悪口を言って、他人の名誉を傷つけること。

 

三省堂国語辞典(昭和47年・第102刷)

誹謗

そしること。

 

中傷

わざと・(不当に)人のことをわるくいってその名誉を傷つけること。

 

誹謗中傷という言葉は「誹謗」と「中傷」というほぼ意味が同じふたつの語が合わさったものです。誹謗中傷は「不当に人のことを悪く言って名誉を傷つけること」のようです。

 

根拠があるかないか

辞書で調べた結果、批判はわるいところなどを取り上げていうことで、誹謗中傷は不当に悪く言って名誉を傷つけることでした。

 

つまり、根拠があれば批評で、根拠が無いものが中傷ということです。批判することに正当な理由があれば批判であり、正当な理由が認められないものを誹謗中傷ということになります。

 

正当な理由

どこまでを正当な理由として認めるかは難しい問題です。根拠といっても言論の場合は必ずしも数値で測定できるものではないからです。

 

仮に「相手から言いがかり」をつけられたとして、そこで指摘されている内容が一切無関係であった場合は批判ではなく誹謗中傷です。しかし、全面的に納得はできなくとも指摘されている内容が「事実」を含む場合は必ずしも誹謗中傷とは言えません。

 

だからこそ、その事実があったかなかったかは精査する必要があります。ニュースを見ていても分かる通りですが、批判の体で誹謗中傷するために「まるで事実のようにでっち上げたり」、正当な批判を誹謗中傷ということにするために「都合の悪い事実を隠したり、矮小化したり」ということは往々にしてあります。

 

勝負事ではない

ただ、はっきりしているのは、勝負事ではないので勝利と敗北ではありません。勝敗を求めると味方陣営と敵陣営に二分化されてしまうだけで、本来の問題解決には至らず、ただ溝が深まるばかりということになります。

 

一理あるのかないのかという視点で見ることが求められます。

 

批判されたことで、相手を恨むのはお門違いです。特に、気に入らないからというだけで第三者を巻き込んでネガティブキャンペーンを展開することは、最高にダサい行為であるということは断言します。

 

おわりに

というわけで、根拠があれば批評で、根拠が無いものが中傷ということです。わざわざこの違いについて調べているということは、何らかのトラブルがあった可能性が考えられるので、それをもとに簡単にまとめておきます。

 

批判する前に

例えば、電車の座席の上で飛び跳ねている人がいるときに、他の乗客は飛び跳ねることを制限する権限はありません。しかし、それを注意することは「本人または周囲の人にとって迷惑に感じた」という事実に基づくので批判としては適当なものだと思います。

 

電車の座席の上で飛び跳ねているという「迷惑な行為」についての指摘は、正当な批判です。しかし、どうしてもその批判を受け入れられない人もいます。こればかりは理不尽ですが十分に気をつけてください。

 

マナー違反をマナー違反として認識していない人に注意すると、逆上されることもあります。相手によっては誹謗中傷であると騒ぎ立てて、批判者の品位を下げてくるというリスクもあります。その相手は批判に値する人物かは十分に考慮してください。

 

誹謗中傷を受けているなら

まず、深呼吸してください。もし、あなたが誹謗中傷されたろ感じた場合は、「批判の要件を満たさない」または「周囲に言いふらしたりするなど品位を下げる行為」がないかを確認してください。それは対抗するための武器になります。

 

その上で、身の危険がある場合は「報告」や「相談」を行ってください。

 

誹謗中傷に対して誹謗中傷で返すと、「鶏が先か、卵が先か」になってしまい事態の収集がつかなくなってしまいます。冷静に淡々と何が問題なのか思考した方が良い結果をもたらすでしょう。

コメントを残す