スマホ画面のミラーリングもできる!Amazon fire TVstickを使ってみた

今回はAmazon fire TVstickを使えば、スマホ画面のミラーリングもできるそうなので実際に使ってみました。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

fire TVstick

Amazonのプライム会員なら持っていても損がないのがこのfire TV stickです。上位機種のfire TVは4K対応でしたが、今回はそこまでの能力は必要なさそうだったので、価格も安いfire TV stickを選んでみました。

 

 

コンパクトなパッケージ

箱の中は2つ折りで本体と付属品が収納されていました。非常にコンパクトです。箱の中でちょうど収まるように段組みで入っていました。

 

付属品一覧

  • 本体
  • HDMI延長ケーブル(10cm?)
  • 電源ケーブル(1.5m?)
  • USBコンセント
  • 単4電池
  • 説明書
  • リモコン

 

乾電池はAmazonベーシックの単4で、リモコンに入れて使います。本体はコンセントから電源を取るので電池は使いません。HDMI延長ケーブルは角度や背面の幅などの都合で接続できない場合に使用します。使っても使わなくてもどちらでも良いです。

 

接続してみよう!

とりあえず一通り繋いでみました。初期設定の手順については説明書に記載されているので、その手順にそって設定を勧めていきます。先ずは、本体をテレビや液晶モニターのHDMI端子に、電源アダプタはコンセントに差します。テレビの場合は入力切替を行うとすぐにfire TVの画面が表示されます。初めて起動したときには初期設定ウィザードに従って、Wi-Fiの設定、本体のアップデートが行われます。

 

初回はアップデート地獄

数十分ほど放置すると、ホーム画面が表示されました。WebブラウザのSilkやメインコンテンツのPrime Videoのおすすめ映画やドラマが表示されるホーム画面が表示されました。

 

HuluやNetflixのコンテンツも混在しているため、無料のPrime Videoのコンテンツだと思ってクリックすると有料ということもあります。同じコンテンツでも、Hulu版とNetflix版、Prime Video版のようにコンテンツが重複して表示さされるのは非常に残念な点です。せめて、一覧画面でもどこの提供なのか見分けがつくようにして欲しいと思います。

 

音声認識が優秀なリモコン

コンテンツを検索するのには基本的に音声認識を使用します。リモコンのマイクボタンを長押ししている間に検索したい名前を発声します。例えば「タイタニック」や「アナと雪の女王」のように検索できます。

 

上下左右の移動・中央の決定、Android端末と同じように戻る・ホーム・詳細のボタン、巻き戻し・再生停止・早送りのボタンから構成されているリモコンです。競合のChromeCastはすべてスマートフォンで操作しなければならないのに対して、fire TV stickはすべての動作がこのリモコンだけで完結するので快適です。

 

ミラーリングする方法

画面のミラーリングは公式の機能ではありません。追加機能として、Amazonアプリストアからミラーリング用のアプリを購入する必要があります。今回はiPhone7/iOS11で接続してみましたが、Android端末でも同様に接続ができるようです。

 

AirReceiver

ミラーリング用のアプリはいくつかありますが、今回は305円の「AirReceiver」を購入してみました。スマホゲームが大きい画面で遊べるようになります。購入し、インストール後に起動すると、AirPlayが利用できるようになります。接続する前に各種の設定ができます。

 

 

大画面でゲームを楽しむ

iPhoneの画面のミラーリングという項目に「アプリ内で設定した端末名」が出現します。接続できない場合は再起動してみてください。接続に成功するとミラーリングが開始されます。ゲームやアプリを大画面で楽しめます。

 

Minecraft PE荒野行動は動作しましたが、Pokemon Goは起動できませんでした。ミラーリングに制限がかかっているアプリは当然ですが、ミラーリングできません。荒野行動がプレイできたのが例外で、オンラインゲームは基本的にミラーリングできないと思われます。対応しているかはそれぞれチェックする必要があります。

 

プレイ動画を録画するには

手軽な方法としては、iPhoneや一部のAndroidに標準機能として搭載されている「画面収録」機能を使うことで録画することができます。手軽に録画したい場合はそういうような標準機能を活用すると便利です。

 

スマホの負荷などを考えてパソコンで録画をしたい場合やパソコンを介して生放送を行いたい場合は、HDMIスプリッターという装置を利用する必要があります。スマホゲームのプレイ動画をパソコンで録画したい場合はfire TV stickからHDMIスプリッターという安いもので1000円位の機器を介してキャプチャーボードを接続します。HDMIスプリッターを間に挟まないと、保護機能が働いて画面が表示されなくなってしまいます。詳しい方法については別途検索してください。

 

USB3.0接続キャプチャーボード I-O DETAの「GV-USB3/HD」レビュー

 

便利ながらもネット接続は必須

プライム会員ならばテレビでも映画が見られる用になるので購入しても損はありません。契約がなかったとしても、テレビや液晶モニターにスマートフォンやタブレットの画面をミラーリングできるのでかなり便利な端末です。使用する際にはWi-Fi環境が必要なので、外部で使用する際などには、ポケットWi-Fiやミラーリングする端末とは別の端末からテザリング機能を利用すると良いでしょう。

 

コメントを残す