【北海道】ペンギンの雪中散歩がみられる旭山動物園へ

雪ミクは最奥11丁目会場の大トリ!訪日観光客で賑わう「第74回さっぽろ雪まつり」会場レポート

雪ミクは最奥11丁目会場の大トリ!訪日観光客で賑わう「第74回さっぽろ雪まつり」会場レポート

はい、皆さんこんにちは。日常生活が楽しくなる情報をお伝えすることを心がけている、旅する写真家のいんたらくとです。

第74回さっぽろ雪まつり

今回は、2024年2月4日~2月11日に開催されている『第74回さっぽろ雪まつり』を訪れています。第74回さっぽろ雪まつりは、日曜日始まり月祝終わりの計7日間のイベントです。さっぽろ雪まつりは毎年2月に開催されている一番規模の大きなお祭りです、。例年札幌の中心部にある大通公園に雪像が設置され、札幌の街の南側で夜にも活気のあふれるすすきの会場には氷像、丘珠空港の近くにあるつどーむ会場には雪遊びできる場所が用意され、地元民だけでなく国内外から多くの観光客が訪れます。今回はそのうち一番規模の大きな『大通会場』を訪れてみました。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

札幌国際芸術祭

さっぽろ雪まつり大通会場が開催されている大通公園は、東西に横長の公園で、なん区画にも渡って続いています。さっぽろテレビ塔からも近い大通2丁目会場には、『札幌国際芸術祭』というアートイベントに関連したアートの展示が行われていました。なかなか不思議なアートで興味を引くという点については良いのですが、せっかく雪像が集まっていることがある種のアイデンティティとなっている大通会場に出展するからには、雪像で表現してほしかったかなとは感じました。

過去の雪まつりでは奥の方に設置されていた市民雪像がかなり手前に設置されていました。観光客が明らかに増えて来ているのにも関わらず導線の整理がさほど行われていなかったため、一方通行を逆走する人も多数いるなど若干歩きづらさがありました。

ウポポイ×ゴールデンカムイ

漫画原作の映画ゴールデンカムイにちなんだ雪像が設置されていました。ゴールデンカムイの映画は実写版でありながらも原作に忠実で原作漫画を読んだ方でも安心して見ることができるということでとても好評となっていました。

ところどころにフードコーナーも設置されていますが、過年度と比べるとなんだか飲食店は少なくなった印象がありました。

栄光を目指し駆けるサラブレッド

栄光を目指し駆けるサラブレッドは競馬に関連している雪像です。北海道は競走馬の生産地でもあり、ばんえい競馬という北海道独自の馬が走る競馬も開かれている競馬と縁のある地となっています。

雪像彫刻

彫刻家の作品としての雪像各種が展示されていました。彫刻家として活躍している方が設計を行ったとおりに雪像を制作しているため、設置されているのはどれもバランスが考えられた美しい雪像ばかりでした。大きな雪像の方に目を奪われがちですが、会場を訪れたら必ず見るべき雪像と言っても過言ではありません。

協賛企業による無料休憩所

雪まつりの会場内には暖房の効いている無料の休憩スペースが設置されています。マイナス気温の中を歩き続けると身体の芯まで冷え切ってしまうので、ところどころにこういった休憩所があるのはとても助かります。

ドイツ広場の中雪像各種

ノイシュバンシュタイン城のあるドイツ広場は企業公式の雪像が多数設置されていました。市民雪像はあくまでも市民が制作するもので版権モノも『アート』として展示されていますが、公式雪像は企業が宣伝を目的として制作している雪像なので本物です。

太田胃散の『太田胃にゃん』雪像は小さなすべり台も設置されていて子どもも楽しめる雪像となっていました。

呪術廻戦、ハイキュー!!の雪像です。

ガンダムの雪像です。ガンダムシリーズの『ガンダムSEEDフリーダム』という作品に搭乗するガンダムです。グッズ販売には、様々な言語を話す人達で行列が出来ていて注目の高さが目立っていました。

ノイシュバンシュタイン城

7丁目会場の大雪像は、ドイツ共和国バイエルン州にあるノイシュバンシュタイン城でした。ノイシュバンシュタイン城は、当時の王様であった、ルードヴィッヒ2世によって建設されました。漫画名探偵コナンやアニメSPY×FAMILYでもノイシュバンシュタイン城をモチーフにした西洋風のお城が登場しているため、なんとなく見覚えのある城という方も少なくないかもしれません。宮殿でもなく要塞でもない王様の趣味で作られた建物で、とても美しい形状のお城を再現した雪像となっていました。

旧札幌停車場

8丁目会場の大雪像は『旧札幌停車場』でした。旧札幌停車場は新札幌駅ちかくにある北海道開拓の村という場所で保存されている歴史的建造物です。札幌駅の駅舎としては3代目の駅舎で、1908年から1952年まで使用されていたそうです。今ではレトロな建物のひとつに並んでいますが、建設当初は最先端のおしゃれな建物としてとても評判になったとも言われています。

市民雪像

北海道ボールパークFビレッジ

国際雪像コンクール

友好都市や趣旨に合わせて参加している世界各国の雪像です。どの国の雪像も細かく作り込まれていて完成度が高くなっていました。

SNOW MIKU 2024

SNOW MIKU 2024の雪像は雪まつり会場の一番奥にありました。数年前に訪れたときは札幌で開催されていた『雪ミクイベント』でしたが、本年は小樽での開催となっていました。小樽は札幌からも比較的訪れやすい場所にある街とはいえ、訪れるからには1日がかりで訪れる必要があるため、イベントとしては不便になってしまって残念でした。

カーリング体験

大通公園の端まで行ったので、最後にテレビ塔の前まで戻ってきました。テレビ塔のすぐ下の1丁目会場では、アイドルマスターシンデレラガールズのゆきます雪像が設置され、またカーリング体験を実施していました。ただまっすぐ入れるだけでなく回転をかけてカーブを描くように入れるなど、見ているだけでも面白い体験でした。

おわりに

世界的な感染症の流行を受けて大きく落ち込んでいた来場者数も今年は前年度比で増加することは間違いなさそうです。街中に人が歩いていてとても活気のあふれるイベントとなっていました。ただ、訪れている人数に対して警備員さんや案内スタッフの数が少なく、路面整備が追いついていなかったり逆走する人が多かったり、というような問題も発生していたので、改善を期待します。

interact編集部セレクション
航空券・新幹線の予約がまだの方!今すぐお得な交通手段を比較してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です