【1年間無料】楽天モバイルのRakuten Wifi Pocketを使ってみました!

大阪出身オーナーが関西風お出迎え!遠野のブルーベリー農園「つくしファーム」に宿泊してみた

大阪出身オーナーが関西風お出迎え!遠野のブルーベリー農園「つくしファーム」に宿泊してみた

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

ブルーベリー農園のつくしファーム

今回は岩手県遠野市にあるつくしファームに宿泊してみました。つくしファームは駅からは少し離れていて遠野ふるさと村の近くにあります。周囲は駅前とはまた違った静かな環境になっています。つくしという愛犬の名前からつくしファームという宿泊施設名をつけたそうです。

オーナーは大阪出身でもともとは鉄道会社に勤めていた方で、現在は猟師やドッグトレーナーとして活動しています。ブルーベリー栽培を行いたいたいという夢を叶えるため全国各地の物件を探していたところ、縁があって東北は遠野の地にやってきました。つくしファームの特徴を一言で表すなら、遠野の大阪です。農村というと郷土料理一辺倒というイメージがありますが、つくしファームでは夕食に美味しい大阪の味を食べることが出来ます。

本記事は日本航空株式会社及びに農林水産省による農山漁村振興交付金事業(地域活性化対策・人材発掘事業)のプログラムに参加し、滞在にあたって支援を受けて作成しています。

秋田空港経由で遠野へ大移動!「JAL農業留学2021(遠野地区)」現地研修参加レポート【その1】
interact編集部セレクション
ホテルの予約がまだの方!セールやキャンペーンを確認して、今すぐお得な宿泊先を探しませんか?

室内の様子

1階のリビングがメインの食事処になっています。休日のお昼にはこの場所でカフェ営業しているそうです。コーヒーやつくしファームで獲れたブルーベリーを使用したスムージーを提供しています。ブルーベリージャム作りというような体験もこの場所で実施されています。

宿泊者用の寝室は2階にあります。ベッドが4つあるので、少人数ならグループで泊まることができます。以前は1階の和室も客室として使用していたそうなのですが、この最近はあまり客室としては使用していないとのことでしたので、宿泊する際には主にこの2階の客室になるのかなと思います。

1300本のブルーベリー農園

東京ドームと同じくらいの広大な敷地にブルーベリーが約1300本植えられています。広々とした土地でのびのびと植えられています。

1日目の出来事

午前中のうちに前泊場所であったLien遠野から移動してきました。つくしファームでは午前中が狩猟で、午後からが農作業ということが1日のルーティンとなっています。到着のすぐ後に昼食を食べて、ひこばえというブルーベリーの若い枝を取り除く農作業を行いました。

昼食

お昼ごはんは到着したばかりで準備の兼ね合いもあって地域の人たちが作ったお弁当を食べました。野菜がメインでお肉も一部入っているとても健康的な内容の食事でした。

牧草地散歩

つくしファームの周囲には遠野物語の序文に出てくる言い伝えがある神社や牧草地が広がっています。敷地自体が広いので周辺の様子も含めて気分良く散歩することが出来ます。敷地内の草地には除草のためヤギが放牧されていました。

夕食

1日目の夕食は焼肉のジンギスカンでした。ジンギスカンというのは羊肉です。北海道のジンギスカンが有名ですが、遠野でもジンギスカンが市民の味として親しまれています。つくしファームでは羊肉と鶏肉の2種類あって食感の違いを確認しながら食べることが出来ました。

つくしファームのデザートはブルーベリートッピングのアイスです。ブルーベリーはつくしファームで獲れたものを冷凍保存したものだそうです。

2日目の出来事

朝食後に自由時間があって、午後から1日目と同じように農作業を行っていました。午後の農作業も半分程度終わったタイミングで仕掛けていた罠に鹿が掛かったという連絡があったのでそのまま同行させていただきました。

朝食

朝食は焼き鮭がメインの和風朝食でした。蒸したかぼちゃがしっとりと柔らかくて美味しく食べることが出来ました。

つくしファーム周辺散歩

つくしファームの周囲は水田が広がる田園地帯です。午後からの農業体験までに時間が空いていたので周辺を散歩してみました。この川を挟んで左右に道路があるので、1周約30分のウォーキングを楽しむことができます。

このエリアの中央に流れている川は猿ヶ石川です。水田のど真ん中を流れているので右からも左からも川を見ることが出来ます。

まっすぐと走っている1日数本バスが走っています。ちょうどタイミングよくバスに遭遇しました。

遠野ふるさと村に到着しました。遠野ふるさと村でひとやすみしてつくしファームに向けて再び歩き出しました。つくしファームからは茅葺屋根の家を保存している遠野ふるさと村まで歩いていくことも可能です。

昼食

2日目の昼食にはご飯と鶏肉の揚げ物、野菜の煮物、豆腐が出ました。

鹿の狩猟見学

つくしファームのオーナーは狩猟免許を持っています。岩手県より有害鳥獣として指定されている動物のうち人間の生活圏内に入ってきてしまったものを捕まえることで、田畑を食い荒らされてしまう被害を減らす活動を行っています。野生の生き物なのでいつも捕まるわけではありませんが、今回はタイミング捕まえる様子を見学させていただきました。

夕食

3日目の夕食は串揚げと鍋物でした。鍋はひとり1つずつ1人前になっていたので、それぞれが自分のペースで食べることが出来ました。締めにはうどんを入れて

デザートは毎食おなじみのブルーベリーをトッピングしたアイスクリームでした。

3日目の出来事

朝食を食べたあとから1日通しで研修があったので、つくしファームでの作業は特にありませんでした。

朝食

朝食は卵料理がメインで、釜揚げしらすも付いていました。

夕食

3日目の夕食は鉄板焼でした。外気温が急激に下がって冷え込んでいたので暖炉がついていました。

3日目の夕食は鉄板焼でした。熱々の鉄板を囲みながら目の前で調理してくれます。ピーマンの肉詰めと、しいたけの肉詰めがありました。

そして本日のメインメニューのモダン焼きを食べました。遠野でもつくしファームなら焼き立てで本格的な大阪の味を毎日堪能することができます。

モダン焼きの他に追加で大阪でよく食べられているソウルフードのそばめしも作ってくれました。鉄板の上から食べる量だけ切り分けて食べていきます。もんじゃ焼きと同じようなスタイルでした。

つくしファームでは毎食ブルーベリーとアイスの組み合わせがデザートとして設定されています。

3日目の出来事

最終日の3日目は朝食だけ食べたら研修に向けてすぐに出発しました。

朝食

朝食はピザトーストでした。遠野は米どころということもあって毎日がお米生活かと思っていたら、朝食ではパンも出ました。朝も夜も毎日違ったメニューが提供されていたので飽きることはありませんでした。

おわりに

広大な敷地に広がるブルーベリー農園の中は夜になると暗幕を張ったように暗くなるため、晴れていれば星空をとても綺麗に見ることが出来ます。今回の滞在しているタイミングでは天候が崩れてしまい星空を見ることが出来ませんでした。ぜひ、つくしファームに宿泊することがあったら、夜になったら空を見上げて見てください。

interact編集部セレクション
ホテルの予約がまだの方!セールやキャンペーンを確認して、今すぐお得な宿泊先を探しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です