快速エアポートで約40分!新千歳空港から札幌市内まで電車がおすすめ

札幌駅まで快速エアポートで約40分・運賃は1070円。新千歳空港から札幌市内までは交通状況に左右されない電車がおすすめです。

はい、皆さんこんにちは。いんたらくとです。

 

札幌訪問記

 

新千歳空港なう

LCCの春秋航空日本に搭乗して新千歳空港に到着しました。帰りのこともあるので念の為LCCのチェックインカウンターの場所を確認して、少し時間に余裕があったので出発ロビーにあるお土産屋さんを物色しました。

 

さて、そろそろ札幌市内に向かうことにします。札幌市内へ向かう方法として高速バスと電車がありますが、結論からいえば電車(快速エアポート)がおすすめです。

 

圧倒的安さが魅力!春秋航空日本IJ201便で成田から札幌・新千歳へ!

 

高速バス

高速バスにのって移動することもできます。乗り場は14番と22番です。運賃は電車とほぼ同額の1030円です。札幌駅までの所要時間は約1時間で、およそ1時間に3~4本程度運行しています。運行本数は悪くないのですが、「札幌駅・札幌中心部」へ向かいたい場合には電車のほうがおすすめです。なぜなら、電車と比べると所要時間が余計にかかるからです。

 

北都交通のエアポートライナーの場合は以下の停留所に止まります。

  • 地下鉄福住駅前(東豊線)
  • 月寒中央駅前(東豊線)
  • すすきの駅前(南北線)
  • 札幌駅前

バスは電車よりも時間こそかかりますが、直接目的地周辺へ移動したい場合は便利です。主要なホテルに停車するバスもあるので、大きな荷物があったり、逆にホテルから空港へ向かうにはバスのほうが便利なこともあります。

 

 

本数が少ないことと所要時間がかかるので、札幌駅へ向かう・札幌駅から空港に移動するには電車で移動するのがおすすめです。ただし、多少時間が掛かっても座っていきたいという場合は、全員分の座席が確保されているバスの利用もありです。

 

快速エアポート

快速エアポートは約15分間隔で運行されています。新千歳空港駅から札幌駅までの所要時間は約40分で、運賃は1070円です。新千歳空港の地下にホームがあります。ひたすら看板に沿って下の方へ降りていけば駅にたどり着きます。SuicaやPASMOなどの交通系ICカードがそのまま使用できます。

 

交通系ICカードが鍵代わりに!?駅にある電子ロッカーを使用してみた

 

停車駅と運賃

駅名 新千歳空港からの運賃 備考
新千歳空港
南千歳 310円 千歳アウトレットモール
千歳 350円
恵庭 400円 キリンビール 北海道千歳工場
北広島(約20分) 590円 新球場?
新札幌(約28分) 880円 地下鉄東西線
札幌(約40分) 1070円 地下鉄東豊線地下鉄南北線
琴似 1210円
手稲 1210円
小樽築港 1590円
南小樽 1590円
小樽(約70分) 1780円

※快速エアポートの行き先が札幌駅のものと小樽駅のものがあります。
※列車によって停車駅が異なります。

 

地下鉄全線乗り放題のドニチカきっぷ(520円)を利用する場合は新札幌駅で下車し、地下鉄東西線に乗り換えるとちょっとだけお得。新さっぽろ駅から中心部の大通駅まで約20分です。

 

自由席と指定席

自由席は1号車~3号車と5号車~6号車、指定席は4号車です。快速エアポートの自由席は概ねロングシートで、指定席はクロスシートになっています。なお、指定料金は520円です。

 

MEMO
※自由席もクロスシートの車両が使用されることがあります。

 

自由席はそこまで混雑していませんでしたが、観光シーズンで大混雑している時や終点の小樽まで行くのにしっかり座って行きたいという方には指定席という選択肢もあります。さっと見た限りですが、指定席もそれなりに座席が埋まっていました。快適なクロスシートで車窓の風景を楽しむには520円は手頃かもしれません。

 

札幌まで電車で約40分

出発してから約40分経過して快速エアポートが札幌駅へと到着しました。札幌駅で下車します。あいにくの曇り空でしたが、外の景色を見ていたらあっという間に到着しました。

 

今回乗車した快速エアポートはさらに30分ほどかけて小樽まで行く電車でした。もし寝過ごしてしまっても、本数は豊富にあるのですぐに戻って来ることができますが、一応注意が必要です。

 

 

コメントを残す